出るぞ出るぞと言われていて出てこなかったけど突然発表されたMacBook Pro 2018 15インチモデルを購入しました。2012年モデルから6年ぶりの買い替え。

購入した動機

2016年に今の筐体になってからそろそろ買おうと思っていたのだが、スペック的にどうも納得がいかず今まで二の足を踏んできた。
今回出たMacBook Pro 2018のスペックは、これならと思わせるものだった。
あと今愛用している2012年モデルが先日オブソリート品に指定されたというのもある。(今のところ米国のみだけど)
https://support.apple.com/ja-jp/ht201624

多分来年出るであろう新しいmacOSからも対応が外れるのではないかな。どれだけ元気に動いていても、そろそろかなと思わされてしまった。

2017年モデルからの違いとして、スペック的にはCPUが第8世代Coffee Lakeの6コアになった、メモリがDDR4規格になった、GPUの世代が上がった、ディスプレイがTrue Toneテクノロジー対応になった、バタフライキーボードが第3世代になったって所かな。
特にメモリはやっと世代が上がったので、このタイミングで買うのはアリかな。

以下、現在使っているMacBook Pro Retina Mid2012との比較。2016年モデルが出た時はスペック的に不満なところばっかだったけど、今回の2018年モデルはスペック的にはほとんど不満無しになってきた。

 MacBook Pro 2018MacBook Pro (Retina, Mid 2012)個人的評価
プロセッサ2.2GHz 6コアIntel Core i7(Coffee Lake)2.3GHz Intel Core i7(Ivy Bridge)
メモリ16GB 2,400MHz DDR416GB 1,600MHz DDR3L (CTO)
GPURadeon Pro 555X(4GB GDDR5)
Intel UHD Graphics 630
NVIDIA GeForce GT 650M(1GB GDDR5)
Intel HD Graphics 4000
ストレージ256GB PCIe512GB SATA(6Gbps、256GBから増設)
ディスプレイ15.4インチ、2,880 x 1,800px
解像度220 ppi
500ニトの輝度
広色域(P3)
True Toneテクノロジー
15.4インチ、2,880 x 1,800px
解像度220ppi
ワイヤレスIEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
バッテリー最大10時間最大7時間
キーボードTouch Bar
感圧タッチトラックパッド
バタフライキーボード第3世代
USキーボード
サイズ34.93cm × 24.07cm × 1.55 cm
1.83 kg
35.89cm × 24.71cm × 1.80cm
2.02 kg
ポートThunderbolt 3(USB-C)ポート x 4
ヘッドフォンジャック
Thunderboltポートx 2
USB 3ポートx 2
HDMIポート x 1
ヘッドフォンジャック
SDXCカードスロット
MagSafe 2電源ポート

購入したモデル

SSDを512GBに盛った以外は下位スペック。USキーボードは鉄板。ホコリ問題や打鍵音が改善されたというバタフライキーボードも楽しみ。
メモリは16GBのまま。32GBのメモリ使用シチュエーションがどうしても浮かばず。ストレージ容量とどっちを取るか考えた時に、メモリよりもストレージかなと。
ポートはThunderbolt3×4だけど、どうせもうアダプターかませるしこれで良いかと。
CPUやグラボもそのまま。2012からならどんなものでも別次元で使えそう。

MacBook Pro 2018 ポチった

6年ぶりの新しいMac、楽しみです。

2018.08.12追記

届いてから3週間使ったレビューです。動作スピードの速さとキーボードが良い感じ!

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。