「これまでのブリッジとは違い、激しいプレイでも弦がサドルから外れてしまうことがなく、さらにギター全体を生かした美しい響きのある音色を実現」するという、Mastery Bridge M2 を購入し換装しました。

取り付け方

USAサイズ用のM1とそれ以外サイズ用のM2があるので、Bacchus Jazzmaster用にM2を購入。
ブリッジの脚を六角レンチで緩めて、穴に差し込む。差し込んだ後、ブリッジの高さを調節して締め直す。
脚を緩めないとサイズが合わないので、取り付けられずに軽くテンパることになる。
同封のマニュアルにちゃんと書いてあるんですけどね。(←よく読まないから)

また、取り付け後にブリッジの足をきっちりと締めて上げてあげないと勝手にブリッジの高さが落ちて、いつの間にか弦がビビってしまい「アレ?」となる。

Mastery Bridge M2

レビュー

質感は厚みのあるツヤ消しステンレススチール製で、コマもゴツくて剛性感たっぷり。
しっかりとセッティングするとほとんどガタツキ無く安定するので、弦とボディが直結したような豊かな鳴りになる。
その分デフォルトのブリッジ特有のキンキンした、所謂Jazzmasterっぽい鳴りは無くなるので、好みは別れるところかも。
個人的にはMastery Bridgeの音、質感、大好きです。

あとBuzz Stop Barも外しました。
テンションが少々緩めでも弦落ちしなくなったことと、変な共振が無くなったため。

注意点

決定的な弱点は無いが、コマが弦2本ごとにひとつとなっているので、オクターブチューニングを100%完璧に詰め切れない場合があるかも。

Mastery Bridge、JaguarやJazzmasterやMustang使いの方にマジオススメ。TelecasterやRickenbackerモデルもあるよ。

追記

Jazzmaster、Jaguar用のオフセットトレモロ「Offset Mastery Vibrato」も買いました。
記事はこちら⇒ Mastery Bridge Offset Mastery VibratoをBacchus Jazzmasterに装着しました

追記2

Mastery Bridge M2はFender Mexico製のRoad Worn Jazzmasterには取付けられませんでした。
記事はこちら⇒ Fender ROAD WORN JAZZMASTERのナット交換、メンテナンスをしました

個体差なのか、Road Wornシリーズ全体的に合わないのかは不明ですが…。

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。