2015年11月に熊本県阿蘇郡南小国町の黒川温泉 に行ってきました。

いやーとても良いとこでしたね。鄙びてて風情があって温泉も食事も素晴らしい。長旅の疲れも吹っ飛んだ。また行きたいな。

写真もぼちぼち。カメラは愛機FUJIFILM X100。夕方に着いたので、軽く温泉に入って食事。その後夜道を散歩。

黒川温泉。風情のある夜道。
黒川温泉。風情のある夜道。

黒川温泉。顔湯。
顔湯。
黒川温泉。山の水で冷やされたサイダー。薄ら寒かったので飲むのは止めた。
山の水で冷やされたサイダー。薄ら寒かったので飲むのは止めた。
黒川温泉。夜道。
夜道。人は居ない。
黒川温泉。椿。
椿。

翌日、黒川温泉街からハイキングコースとやらで山の上の方まで行けるらしいので、軽い気持で行ってみた。それが誤算で、とても疲れた(笑)。その場にいた人に「歩いてきたんですか!?」とか驚かれてしまった。

しかしその分とても良い眺め。風も気持良い。

平野台高原展望所。遠く阿蘇が見える。
平野台高原展望所。遠く阿蘇が見える。
平野台高原展望所。良き眺め。
良き眺め。
平野台高原展望所。筑後川源流の碑。
筑後川源流の碑。
平野台高原展望所。筑後川源流。
筑後川源流。

展望所からまた徒歩で温泉街まで降りていく。ハイキングコースなのかただの山道なのかわからないくらい誰もいない。

平野台高原展望所から黒川温泉へ。稲刈りの終わった棚田。
平野台高原展望所から黒川温泉へ。稲刈りの終わった棚田。
平野台高原展望所から黒川温泉へ。人気の無い山道。
人気の無い山道。
平野台高原展望所から黒川温泉へ。畑はあるけど人は居ず。
畑はあるけど人は居ず。
平野台高原展望所から黒川温泉へ。マジで人がいない。
マジで人がいない。
平野台高原展望所から黒川温泉へ。
一応、轍はあるから、クルマは通るのかな。農家の軽トラとか。
平野台高原展望所から黒川温泉へ。だいぶ降りてきた。
だいぶ降りてきた。
黒川温泉。人里が見えてきた。
人里が見えてきた。
黒川温泉。人里に降りてきた。
人里に降りてきた。
ひこうき雲
ひこうき雲
黒川温泉。よく晴れた一日。
よく晴れた一日。
黒川温泉。こういう坂が多くて、渋い店がたくさん。
黒川温泉。こういう坂が多くて、渋い店がたくさん。
くまモンの自販機。どこにでも現れる。
くまモンの自販機。どこにでも現れる。
黒川温泉。川のそばに建っている旅館も泊まってみたかった。
川のそばに建っている旅館も泊まってみたかった。
黒川温泉。まだ紅葉は残ってた。
まだ紅葉は残ってた。
黒川温泉。坂が多くて風情たっぷり。
坂が多くて風情たっぷり。
黒川温泉。
スイーツ屋の前。
黒川温泉。
ベンチで一休み。

熊本市内に戻り、夜の食事はこちら、ニューくまもと亭 。赤牛のステーキ、非常に美味。なお写真は無い模様。

View this post on Instagram

肉の美味い店でした。

A post shared by Taro Mitsushita (@wumf0701) on

その後、くまBAR というバーで一杯。くまモンだらけの素晴らしいバー。

[map address=”熊本県熊本市中央区下通1丁目7-14″ width=”100%” height=”406px” api=”AIzaSyAl7mqlmS0Rzyd2o_t7VXM15p3zyv7T0eQ” theme=”bluessence” class=”dp-light-border-map dp-map-centered” zoom=”16″ draggable=”true” controls=”true”]

次の日、くまモンスクエアへ。

お目当てはこの獣、じゃなかったくまモン。

中国語らしき言語も飛び交ってた。国際的大人気くまモン。
中国語らしき言語も飛び交ってた。国際的大人気くまモン。
くまモン。女子を襲ってるようにも見えるw
くまモン。女子を襲ってるようにも見えるw
くまモン大人気。
くまモン大人気。スターかな。
おばあちゃん、くまモン好きすぎw
おばあちゃん、くまモン好きすぎw
羽田空港。ソラシドエアの機体にもくまモン。
羽田空港。ソラシドエアの機体にもくまモン。

いや良い旅でした。また行きたいな。

 

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。