久しぶりに新品でエフェクターを購入。FLAMMA Reverbのレビューです。

FLAMMAは中国のメーカーですかね。多機能系のコンパクトエフェクターやマルチエフェクター、ドラムマシンやルーパーなんかも出してるようです。

FLAMMA FS02 Reverb

価格は安いけど筐体は安っぽさ皆無。LEDの光具合も綺麗で見やすい。LEDの形状がメカっぽくてヨシ。

スペック

  • Stereo Input and Output
  • 消費電流:DC. 9V 300mA
  • サイズ:69.82×121.5×50.65mm
  • 重量:0.298kg

標準的なサイズと重さなので、ボードにも入れやすい。消費電流は高めなので、パワーのあるサプライが必要。
この価格帯のコンパクトエフェクターでステレオIn-Outなのはなかなか無い(と思う)。

FLAMMA FS02 Reverb

コントロール

左上から、

  • LEVEL:エフェクトレベル
  • HI-CUT:エフェクト音の高域コントロール。右に回すほど高域がカットされる。
  • LO-CUT:エフェクト音の低域コントロール。右に回すほど低域がカットされる。
  • DECAY:エフェクト音の減退コントロール
  • SAVE/SELECT:リバーブルームの選択、プリセットセーブ
  • PRE-DLY:原音からエフェクト音が起こり始めるまでの時間

レベル、プリディレイ、ディケイだけでなく、ハイカットやローカットのコントロールがあるのは良いです。基本のルームが7つあって、そこから好みのセッティングをプリセットできる。

FLAMMA FS02 Reverb

フットスイッチは、通常のエフェクトオン・オフの他に、電源入れる同時に長押しでトレイル機能のオンオフができる。

トレイルオフでは赤色、トレイルオンで青色のLED。遊び心が感じられる。

リバーブサウンドについて

  1. Room:残響が短い、小さい部屋のリバーブ。基本のやつで使いやすいですね。
  2. Hall:たっぷりとした残響のリバーブ。過剰な効きでなく、使いやすいです。
  3. Church:教会のような中ホールくらいの大きさの響きのリバーブ。薄くシマーリバーブがかかってます。これも過剰でなく綺麗な響きで好き。
  4. Cave:洞窟の中みたいな神秘的な残響音のリバーブ。これも好き。
  5. Plate:ドライな響きのリバーブ。
  6. Spring:レトロな響きのスプリングリバーブ。アナログのビヨヨーンとしたリバーブの感じは薄めなので、それを求めるなら違うリバーブペダルの方がいい。
  7. Mod:エフェクト音にモジュレーションをかけたモジュレーションリバーブ。フワフワした幻想的な響きで、これも綺麗で好き。

基本のリバーブサウンドを選択して、そこからツマミをいじって好みのサウンドを仕上げていく。普通のトーンじゃなくてハイカット、ローカットができるのは良い。作ったセッティングはSAVEボタン長押しで保存できる。

どれだけツマミをいじっても基本のリバーブサウンドから大きくかけ離れないので、使いやすい。全ツマミ全開でもエフェクト音だけでグシャーっとならないので、逆にグシャグシャにしたい人には物足りないかも。

もったいないところ

使っていてちょっと惜しいなと感じるところはいくつかあります。

  • プリセットを切り替える手段が手押ししかない。
    外部スイッチやMIDIで足元で切り替えできると便利だが。
  • デフォルトプリセットのバンクとユーザープリセットバンクがあると良かった。
    セーブしたセッティングから基本のセッティングに戻すのは、ファクトリーリセットの操作をする必要がある。それも全部戻っちゃうので、特定のサウンドだけ戻すってことができない。ここはユーザープリセットのエリアがあると良かった。

でもこれらを実装したらとても1万円以下の価格とこのサイズに抑えられないだろうな。

デモ(YouTube)

まとめ

低価格、いろんなサウンドが作れる、頻繁な切り替えを必要としない、エフェクト量はそこそこで十分、というユーザー層にはぴったり。一昔前はメイドインチャイナってだけでギャースカ言う人々が多かったもんだけど、実際にその頃はちょっと安っぽくて、まあこの値段ならこんなもんだよなというものがほとんどだった。

ここ数年はもう全然そんなことなくて、このクオリティとコストパフォーマンスは単純に凄いと思う。

リバーブ初心者から中級者におすすめのリバーブペダル。

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。