ESP ECLIPSE S-I BRILLIANT -MIXEDMEDIA-

ESP ECLIPSE S-I BRILLIANT -MIXEDMEDIA-

何度か昔の記事でも取り上げてきたESP ECLIPSE S-I BRILLIANT -MIXEDMEDIA- です。だいぶ寝かせていたんだけど、復活させたので改めてレビュー。

ESP ECLIPSE S-I BRILLIANT -MIXEDMEDIA-

うちのECLIPSE S-I BRILLIANT -MIXEDMEDIA-

うちのブリミクちゃんは最初期のレースセンサー+フロイドローズ+スルーネック仕様のモデル。購入は2000年代前半。中古で20万円くらいだった。もう20数年うちにいる。色々手を加えちゃっているので、オリジナルとは程遠くなってます。

フロイドローズのブリッジサドルやスクリュー類はチタンにしてます。

ESP ECLIPSE S-I BRILLIANT -MIXEDMEDIA-

ブリッジまるごとチタンだとギター1本買えるくらい恐ろしい金額になるけど、サドルやスクリューくらいまでならそこまでにはならない…。まあそれでもそこそこするけど。

チタン化の恩恵はロッキングトレモロでも結構あるみたい。純正の時よりもネックとボディの響きが良くなった気がする。あと金属的な嫌な響きが減ったかな。

ピックアップはレースセンサー。

ESP ECLIPSE S-I BRILLIANT -MIXEDMEDIA-

フロントがBurgundy、センターがSilver、リアがBlue。センターは結線しないで、フロントとリアの2シングル構成です。

BurgundyはP-90タイプのピックアップだけあって、それなりのパワー感とシングルコイルらしいキレがあって結構お気に入り。
リアは50年代ハムバッカーモデルらしいけど、いまいちわからん。音域のピークがシングルコイルとは違ってて、ミッドより少し上が山になってる感じ。そこがちょっとハムバッカーらしく感じるところかも。

どちらもローノイズで使いやすいんだけど、クリーンだと立体感の少ない音で、歪ませるとガッツのある音になる。基本的には歪み向きの性格なのかな。フロントとリアのミックスもギャリっとしてて好みです。

あとこのギターは元々ミッドブースト回路が組み込まれていたんだけど、だいぶ昔に外してしまって今後悔しているところ。その回路もどっかいっちゃったし、時々エフェクターでブーストするのではない歪み感が欲しくなるんだよね。内蔵のブースト回路でもつけようかと画策中。

ヘッドのテンションバーもチタン。ロックナットもチタンにしたいんだけど、ここはお高いのでそのまま。

ESP ECLIPSE S-I BRILLIANT -MIXEDMEDIA-

あとこの時期のS-Iだけなのかわからないけど、ネックが太くボディが厚い。JazzmasterやNEO CUSTOMやグレッチより明らかに太くて硬くて重い。良い材を使っているんだと思う。
よって一般的なロッキングトレモロのギターよりネックやボディの鳴りが明らかに良いと思う。

まとめ

めちゃくちゃかっこいいギターです。一生もんに出会えた20数年前の自分を褒めてあげたい。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA