BOSSの40周年記念限定モデル、DS-1-4A Distortion 40th Anniversary Modelを買いました。
2017年限定発売ということで、そろそろ買わねば無くなりそうと思い購入。
限定モデルなので単なるコレクター用かと思いきや、超カッコいいですこのペダル。

スペック

スペックはレギュラーのDS-1と変わらないようです。

  • 入力インピーダンス 1MΩ
  • 出力インピーダンス 1kΩ
  • 消費電流 10mA
  • コントロール  TONE、LEVEL、DISTつまみ
  • 質量(乾電池含む) 360g

トラッドなアナログ・ディストーションなので、消費電力が10mAと非常に小さいのが嬉しいですね。気軽に電池が使えます。

外観

ブラックのボディとゴールドの文字のコントラストが超カッコいい。インジケーターの色はブルーでも似合いそう。

BOSS DS-1-4A

銀ネジも良いアクセントになっていると思う。

BOSS DS-1-4A 銀ネジ

サウンド

昔、素のDS-1を持っていたことがあるんだけど、何だか音がギャンギャンしていまいち気に入らず。その後某モディファイ屋さんに依頼してオーソドックスなパーツアップグレードのモディファイを施してもらったんだけど、結局それもいまいち気に入らず、手放してしまったことがある。

それから機材とかも少し違うはずなんだけど、第一印象は「こんなにイナタイ音だったかな?」と思った。
確かに低域はソコソコでハイ上がりでエッジの立ったザラついたディストーションなんだけど、耳に心地良いというか。中域がちゃんとありつつ音の帯域がどこも過剰じゃないんですね。

確かにアンサンブルの中じゃ過剰な帯域は他の楽器の邪魔だし、ギター用ディストーションとしては理にかなっているというか。良くできてる(笑)。

まあ以前とは自分の好みもギターのセッティングも変わっているし、昔は分からなかった良さなのかな。

TONEとDISTを真ん中くらいにしてLEVELを少し上げめにした、軽めのディストーションがザラッとしてニュアンスもよく出て気持良いです。ギターのヴォリュームにも良くついてくるのもナイス。ギターのヴォリュームを4くらいに絞ったクリーントーンだと少し歪みが乗るんだけど、ちょっとダークでそれがまた良い。

まとめ

すでにDS-1を持っている人も持っていない人も、このかっこよさはぜひ手に取って見て欲しい。2017年限定販売なので、現時点(2018年2月2日)ではまだAmazonやサウンドハウスには在庫あるみたいだけど、買いそびれている人は早めに買っておくのが良いと思います。

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。