FREE THE TONE製ディストーション、IRON FOREST DISTORTION IF-1Dを購入しました。

Free The Tone | IF-1D

フリーザトーンでは、ギタリストやベーシストが使用するエフェクターやルーティングシステム等、楽器機材の設計・製作やシステムデザインを行っています。

FREE THE TONEは現在のLUNA SEAのサウンドシステムを語る上で欠かすことのできないメーカーですね。というわけでずっと一つ欲しかったんですが、ヤフオクで程度の良い中古を見つけたのでゲット。

音出してみたところ、やはり良いです。
Free The Tone IRON FOREST DISTORTION

深いブルー、藍色、渋い。

音の厚み、エッジ、サスティン、スピード感、すべて文句無し。以下、各機能を簡単にレビューしてみます。

LEVEL

かなりの大きさまで上がります。そしてツマミ2時くらいの位置からキャラが変わる(笑)。上げていったほうが断然音の厚みが違うので、基本的にヴォリュームは上げ気味で音を作るのが良いみたい。
その分オンとオフで音量差が出てくるので、その辺のちょうどいいところでバランスをとるのがこのペダルのちょっと難しいところ。
ギター側のヴォリュームの追随も良いので、ペダル側のヴォリュームを上げ目、ゲイン低めで、ギター側のヴォリューム操作で歪みを可変させるような使い方をすると面白い。

GAIN

クランチ〜オーバードライブ〜ディストーションの範囲でかなり幅広く音作りできます。

歪み成分は目の細かいディストーション。最大まで上げても気にならないノイズレベル。サスティンの減退が超気持ち良い。ツマミがどの位置でも音のキャラが変わらないので使いやすい。音のスピード感が速く、バッと弾いてバッと音が出てくる。ニュアンスの出しやすさ、レンジの広さ、ともに良し。
巻き弦のギョリっとしたハジケルようなニュアンスもばっちり出る。
倍音のノリ具合が非常に気持ち良く、フロントピックアップのウーマン・トーンが甘く艶やか。管楽器みたい。
この倍音成分のおかげでシングルコイルのリアピックアップで弾いても線の細さを感じない。弾いててとても気持ち良い。

TONE(TREBLE&BASS)

トーンはバスとトレブルのふたつ。基本は12時の位置でフラットになる模様。そこをベースにして足したり引いたりしていくと良い。利きが良くギターの美味しい周波数帯が変化するので、エッジを残しつつ低音を上げたり、ジャッキンジャキンな音にしたりと、幅広く音作りできる。
Free The Tone IRON FOREST DISTORTION

Bypass Switch

バイパス音も良い。ただバイパスされるんじゃなく、何とも言えない自然さというか、ギターのヴォリュームを上げ下げしたような違和感の無さ。アンプのクリーンサウンドがそのまま歪むようなイメージというか。これが「入力から出力まで信号を総合的にマネージメントするHTS (Holistic Tonal Solution) サーキット」というモノなんだろうか。
入力回路、エフェクトON/OFF、出力回路で出力インピーダンスが変わらず、常時安定した信号を送り出すとのこと。
イイ感じです。

音作りのキモ

ちょっとでも歪んでるアンプだととたんにダンゴになってしまい、美味しい音にならない。基本的にクリーンのアンプで音作りをしないといけないので、ペダルボード組み込み向けかな。

倍音豊かなので、キラキラしたFender系クリーンアンプだと、ちょっと煩く感じるかも。Marshallとかのスタックアンプでダークめのクリーントーンにしてあげると、轟音で分厚くリッチなディストーションサウンドが得られた。

Free The Tone代表の林氏インタビューによると、

IRON FORESTの場合は一歩引くことも考えていて、GAINを上げていくと少しづつ音が引っ込んでいきます。それで、同じトーンだとあまりにも目立たないサウンドになってしまうので、EQの効きかなり良くして過激にトーンをいじれるようにしました。ストラトとレスポール両方と相性の良いモデルです。

とのこと。
確かに、バッキングでは前へ前へばっかりだとアンサンブルの邪魔になる時もあるので、こういう特性は使いやすいかもしれない。

まとめ

ゲインを上げても音がファズっぽく潰れない、エッジの立ったディストーションで、超好み。これを手に入れたことによって、他の歪みペダルは手放しても良いんじゃないかと思わされた一台。かなりお気に入り。

 

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。