NBA2014-15シーズンももうすぐ開幕!っていうことで、インディアナ・ペイサーズの2014オフシーズンまとめです。

まず簡単に現状のロスター整理から。

ポジションは予想です。

  • PG ジョージ・ヒル、C.J.ワトソン、ドナルド・スローン
  • SG ロドニー・スタッキー、C.J.マイルズ、アドニス・トーマス
  • SF ソロモン・ヒル、クリス・コープランド、ダムヤン・ルデス、C.J.フェア、(ポール・ジョージ)
  • PF デヴィッド・ウェスト、ルイス・スコラ、クリス・シングルトン、ショーン・ウィッティントン 、アリンゼ・オヌアク
  • C  ロイ・ヒバート、イアン・マヒンミ、ラヴォイ・アレン

https://www.nba.com/pacers/roster

このうち何人かはキャンプ要員で開幕前にカットされたり、Dリーグに送られたりして人数が絞られてくるでしょう。

PGは鉄板のジョージ・ヒル、C.J.ワトソン。ただ、まずは昨シーズン終盤のジョージ・ヒルの低調ぶりを払拭してもらわないと、どうにもならんだろうな。

ランスの抜けたSGには新加入のロドニー・スタッキーがスタート、バックアップに飛び道具としてC.J.マイルズになると思う。

SFはケガで全休予定のポール・ジョージの穴には、順当に成長していれば2年目のソロモン・ヒル、バックアップでコープランドかな。ソロモンが期待外れであればコープランドがスターターでも良いかも。

どちらにしろ、ランスとPG13の抜けた穴はどうしたって埋められないので、開き直ってこのメンツでやるしかない。
でも堅実で大崩れしなそうなバックコート陣な感じがする。

PFは支柱、デヴィッド・ウェストとルイス・スコラのおっさんコンビ。ただ、二人ともベテランなので長いシーズンを二人だけで回すのは危険。ここで若く(多分)エネルギッシュなラヴォイ・アレンあたりがフル回転してくれると良いな。

Cは大黒柱、ロイ・ヒバートとイアン・マヒンミ。ペイサーズの14-15シーズンはここにかかっていると言っても過言では無いだろう。なんせペイサーズディフェンスの生命線、最後の砦。ヒバートが去年終盤のような失態続きだと一気に落ち込むだろうな。何とか復活して欲しい。

これで全員がある程度健康にシーズンを過ごすと仮定して、優勝を狙う…と言いたいところだが現実的に見ると、キャブス、ブルズ、ヒートの後のトップから第2集団争いになると思われる。昨シーズンの流れだとここにホークス、ウィザーズ、ラプターズあたりが絡んでくると思われる。爆発力は無くなったが、堅実なディフェンスとチームプレイで渡り合って欲しいところ。プレイオフに出続けるのも強豪の証。なんだかんだで、どう闘っていくかたいへん楽しみなシーズンになりそう。

そんな中、ポール・ジョージはもう杖無しで歩き始めている模様。回復早いな。でも復帰を焦って無理はして欲しくないな。

相変わらず釣り好きなPG13。

元AC、現デンバー・ナゲッツHCのブライアン・ショーとも釣りをするPG13。

釣り(以下略)

ヒバートの結婚式。ダニーもいるよ!!

こういうつながりがあって嬉しいね。

 

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。