予約購入していたFUJIFILM X100Fが、到着しました。
操作感、画質、撮る楽しさ、X100からどれもブラッシュアップされていて、それでいてX100の柔らかな画の質感はそのままで、これこそ正統進化という感じ。早くも満足してます。

開けてみる

開封の儀っぽい事をやろうとしたけど、途中で止めた(笑)。写真はX100で撮っています。
FUJIFILM X100F

ブラックとシルバーがあるけど、シルバーが好きなのでシルバーを購入。
ボディのシルバー仕上げの粒子の質感が細かくなっていて、洗練された高級感があります。X100の方が少々ラフかな。それはそれで初期型の良さがあるけど。

FUJIFILM X100F

反対から。

FUJIFILM X100F

裏から。液晶も大きく明るく精細になって見やすい。ボタン類も右側にまとめられてて、右手だけで操作しやすくなっている。

FUJIFILM X100F

上から。Fの文字だけ赤いのがちょっとしたアクセント。あとこのボタン類のメカメカしさも良い感じ。薄くてコンパクトで取り回しし易いのも好き。巨大な一眼レフカメラに食指が伸びないのもそれが理由。

FUJIFILM X100F

付属のストラップも装着。X100の時は付属のストラップはちょっとチャチくてすぐに毛羽だってしまったけど、これはどうだろう?

FUJIFILM X100F

SDカードは「Lexar Professional 1000x SDHC/SDXC UHS-IIカード」を買った。最大読込が150MB/s、最大書込が40MB/sと非常に高速。値段もお手ごろ。

Lexar Professional 1000x SDHC/SDXC UHS-IIカード 32GB

凄いと思ったところ

  • 距離を気にせず撮れる!
    X100(X100Tまで)は近接撮影時はマクロモードに切り替えないと良く撮れなかったが、X100Fではマクロモードは無くなって距離を気にせず撮れるようになった。これだけで使い勝手は格段に上がった。
    あとデジタルテレコンが便利。いままでは近寄って撮りたい時に自分ごと近寄る必要があったけど、デジタルテレコンを使えばその場で寄った写真が撮れる。デジタルだけど特に粗も見えないし、これは便利。
  • 起動が速い!
    X100では、カメラを起動して撮れるようになるまで数秒間のタイムラグがあったが、X100Fでは起動すると瞬時に撮れるようになるくらい速くなった。これは良い。
  • フォーカスがめちゃくちゃ楽になった!
    X100ではフォーカス周りがシビアというかアバウトというか、俺みたいな素人が撮ると5枚に1枚はピンボケ写真になってしまっていた。ただ、しっかり設定してあげることで素人の自分でもハッとするような写真が撮れて、それがまたX100が好きなカメラな理由だったけど。カメラの勉強にもなったし。
    X100FではちょろっとISOやら絞りやら決めてやれば、破綻の無い綺麗な写真がとても簡単に撮れるようになった。カメラの懐が広くなったというか。綺麗な写真が楽に撮れるようになったのは良いです。カメラと格闘する面白みがなくなったと言う人もいるかもしれない(笑)。

気になったところ

使い始めてちょっと気になったところ。

  • シャッター音がチャチい
    これはけっこうすぐ気になりました。
    3種類プリセットされているんだけど、どれもなんかイマイチ。X100の方が、「パシッパシッ」とリアルではないんだけど可愛げのあるシャッター音だった。X100Fの方は何だかリアルを追い求めて逆にダサくなった感じ(笑)。まあそのうち慣れるのかなこれ。
  • Wi-Fi接続がつながりにくい
    デジカメのWi-Fi接続は初めて使ったんだけど、こんなもんなんだろうか?デジカメを転送モードにしてスマートフォンで専用アプリを立ち上げて、まではいいんだけど、そこからなかなか接続しない、無事接続したとしても写真を読み込まない、読み込んだとしてもすぐ切断されて転送されない、等々。
    通信環境が悪いのかな。どうもイメージと違って撮ってパッとスマートフォンに転送されるとかできないけど、こんなもんなのかな。

レンズフードLH-X100をつけてみた

X100シリーズ用レンズフード「LH-X100 」をつけてみました。安めの互換品もあるけど、ここはやっぱり純正で。

LH-X100装着

大砲みたいに仰々しい見た目になったらやだなあと思っていてX100の頃は着けていなかったのだが、試しに買って装着してみたらとてもバランス良くてカッコいい。
レンズ保護にもなるし、強い光の入り込みも防げそう。
あとこの写真はX100で撮ったんだけど、やっぱり良い味してる。改めてX100もやっぱり良いと思った。

まとめ

多少の気になるところはあるけど、非常に満足感のあるカメラと認識しました。
今はまだ全然底が見えないけど、わちゃわちゃ設定を変えて試し撮りしつつ楽しんでいるところ。
やっぱりFUJIFILMのカメラの質感は好きですね。人生で一番最初に買ったのもFUJIFILMのコンデジだったし、2台目はX100だし、きっと自分の肌に合うんでしょう。
このX100Fも末長く付き合っていけそう。

FUJIFILM X100Fギャラリー

ちょいちょい撮ってみたギャラリー。いろいろ撮ってみて分かってきた。

地元の歩道橋から。夕暮れの雰囲気が良い感じ。見たまんまが撮れる。

多少暗くてもメチャ撮りやすい。

熊本に行ってきた。

熊本駅のくまモン。でぶかわいい(笑)

くまモンスクエアのくまモンショー。

立ち位置は後ろの方。

デジタルテレコンを使ってみた。70mmでここまで寄れる。

デジタルテレコンでくまモンを撮る
手足が短い事を指摘されいじけている(らしい)くまモン。おふざけしているようにしか見えない(笑)

熊本電気鉄道のくまモンラッピング電車が凄い。外装も内装も一面くまモンだらけ。

一面にくまモンラッピング。すごい

北熊本駅。超のどか。
夜の桜の馬場 城彩苑。行った時はすでに店じまいしていた。
暗くてもちゃんと写してくれるX100F
Velviaで撮った桜。どぎつくなくちょうど良い鮮やかさ。

だんだん付き合い方が分かってくると楽しい。

 

 

 

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします