FUJIFILM X-Pro3

FUJIFILM X-Pro3

FUJIFILM X-Pro3を購入。

ずっと欲しかったんだけど、ちょくちょく原資を貯めてきてそこそこ纏まってきたので中古で購入しました。

FUJIFILM X-Pro3

本体カラーはDRシルバー。かっこいいですね。チタンボディってだけでそそられます。レンズはこれまた中古でXF27mmF2.8にしました。X100、X100Fと使い続けてきてパンケーキ型に慣れきってしまったので、まだ長いレンズを持つのがこっぱずかしいというか。そのうち慣れたら色々試してみたいね。レンズ沼。

X100シリーズと並べると、兄弟みたい。

FUJIFILM X-Pro3

考えたら今までカメラってFUJIFILMのものしか使ってないな。初めて買ったカメラはFinePix F31fdで、その後X100、X100FときてX-Pro3。カメラや写真が好きってよりFUJIFILM自体に何か思い入れがあるのかもしれない。言語化はできないけど。

発売当時色々話題になった背面の「Hidden LCD」。これだけでもう個性のカタマリ。

FUJIFILM X-Pro3

パカッと開いて設定や撮った写真が見られる。好き嫌い賛否両論あるかもしれないけど、自分は写真やカメラに関してはドシロートなので、固まった操作信条等は無くどんな操作感にも合わせられる笑

なのでこれも特に違和感なく受け入れられています。

FUJIFILM X-Pro3

まだ買ったばかりで使いきれていないけど、フィルムシミュレーションの「クラシックネガ」はさらっと撮っただけでめちゃくちゃ雰囲気のある良い色の写真が撮れる。

FUJIFILM X-Pro3
一乗寺駅
FUJIFILM X-Pro3
伏見稲荷
FUJIFILM X-Pro3
伏見稲荷

操作感だと、X100Fは結構AFが遅かったり迷ったりしてしっかり狙いを定めないと良い写真が撮れないんだけど、X-Pro3はAFが速くバッサバッサとシャッターが切れる。その分失敗写真も多いけど、それもまた楽しい。

X100シリーズを使ってきて良かったなーと思うのは、どこをどう設定したら狙ったシチュエーションの写真になるのかがなんとなくわかるようになってきたってことかな。ここは絞ってとか、ここは感度上げてとか。そういうの全部オートでやってたらわからんよね。色々試して遊べるのもこういうカメラの良いところですね。

X100シリーズにも共通してるけど、手振れ補正が無いので頑張って保持してシャッターを切らないといけないし、ズームも無いので寄りたければ自分が寄るしかないし、効率とは真逆で趣味性を突き詰めたようなカメラなんだけど、そういうところが好きなのかもしれない。

X100シリーズともどもX-Pro3は末永く遊び甲斐のあるカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA