IND 81-76 NYK
ホームでニューヨーク・ニックスを撃破!

熱い試合でした。
この試合でも自慢のディフェンス力を遺憾なく発揮。
オフェンス自慢のニックスを77点に抑えてみせました。
ま、カーメロ・アンソニーが出場停止でいなかったので、いればまた違った展開になっただろうけどね。

ポール・ジョージがこの試合でも攻守に爆発。
24得点、11リバウンド、5アシスト、6スティール!
そのかわりプレイタイムも43分とキツイことになっています。
今は気合いが乗ってるから気にならないだろうけど、シーズンが進んだら問題になるかも。
グレンジャーの復帰が改めて望まれるな。
ただもう今シーズンはジョージが1stオプションで行くことになるだろうね。

控えでは背中をケガしたヒバートに代わって、イアン・マヒンミが大活躍。
20分で13得点(FG6/7)、6リバウンドの高効率。
2桁得点はこの二人だったけど、ディフェンスが良かったのでこれでも勝てるのね。

改めて1試合通して観ると、ホント良いディフェンスしますね。
ディナイで簡単にボール入れさせない、ボールが入ってもフェイス・ガードで自由にさせない、ヘルプも速い。
いつの間にこんな良くなったんだ。

☆ハイライト
https://www.nba.com/video/games/pacers/2013/01/10/0021200527-nyk-ind-recap.nba

あとこの試合はペイサーズの英雄、レジー・ミラーが解説で来てました。

笑顔のレジー。
レジー・ミラー解説

颯爽と歩くレジー。スーツ姿決ってるねえ。
レジー・ミラー

レジーもポール・ジョージを絶賛。

おまけ。フランク・ヴォーゲルHCの子供時代。テレビ番組で芸を披露した模様。ボールを回してその振動で歯を磨くらしい(笑)。
フランク・ヴォーゲル

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします