iPhone 6を購入後、ずっとSimplismの保護フィルム を貼ってました。が、そろそろ飽きが来てきたのと、ガラスフィルムタイプは使ったことが無かったので、前々から気になっていたMicro Solutionの保護ガラスフィルム、PRO GUARD 3D CRYSTAL GLASS を購入し貼ってみました。

5月の連休明けから第3世代になったそうで、これまでより大幅に価格が下がったのも大きい。5,000円台で買って失敗するより、3,000円台の方がまだ精神的ダメージは少ない(笑)。

開封

お馴染の外連味の無い段ボール製パッケージを開けると、これまた無駄の無い内容物。

150604a

右から、商品説明、取扱説明書、埃取りシール、保護ガラスと背面フィルム、高品質なクリーニングクロス。

カラーはブラックフレーム。iPhoneには精悍な黒が合う。

Micro Solutionのクリーニングクロスは本当に品質が良い。付属で付いてくるレベルじゃない。iPhone磨きだけでなく楽器磨きにも使えるレベル。

なお、今回は背面フィルムは貼ってません。

さっそく張り付け

さっそく自力で張り付け。Micro Solutionでは「無料貼り付けサービス 」を行っていたり、「失敗しても返品不可です」ということを口を酸っぱくしてアナウンスしていたりと、貼り付けの難しさをアピールしている。

確かに安い製品じゃないし、それで失敗したら精神的ダメージが大きいのは確かだが、貼り付けサービスを行っているのが持ち込みの場合平日の11:00?15:00の間とのことで、自分的にはなかなか行けそうにも無かったので、ダメ元で自力でやることにした。

んで、無事成功!(・∀・)!

以下、貼り付けたところ。
150604b

iPhone 6のラウンドガラスとマッチしたハイクォリティな逸品。絶妙にラウンドしたガラスの縁の手触りが超気持良い。
ホームボタンの周りもラウンドしているので、ボタンを押す時にも引っ掛かりがなく押しやすい。

iPhoneの上部から見たところ。
150604c

ちょっと遠景。
150604d

遠目だと何も貼っていないかのようで、一体感がハンパない。

手触りは、最初はキュッキュして滑りがあまり良くなかったが、しばらく使っていたらツルツルとした良い滑り具合になった。指紋も拭けばすぐ落ちる。

透明度も非常に高く、何も貼っていないかの如し。とても美しい。

あと、少しだけ厚みがつくのでちょっとだけ持ちやすくなった。

貼り方のコツ

今回勇気を出してえいやっと貼ってみたが、予想外というか、めちゃめちゃ警戒しながら作業した分それほど難しく感じなかった。とにかく、以下の点を気をつけること。

  • 部屋を掃除して埃が舞いにくいようにする。もしくは風呂場でやる。
  • iPhone本体の埃も、クロスで拭いた後シールを使って徹底的に取る。
  • しっかりと位置決めをして、できるだけ上からそっと乗せていくように貼る。

あとは、ゆっくりと時間をかけて気泡を抜いてやれば上手く貼れると思う。

多少埃が入っても、ゆっくり丁寧に剥がせば割れずに何度でも粘着するみたいなので、一度剥がしてシールで取ってやるといい。
ちなみに自分は3回貼り直して埃を取りました(笑)。

※最後に一粒だけ小さな埃が入って、しょうがなく諦めようかと思ってたらいつの間にか消えていた。不思議だな。

気泡だけなら、しばらくそのまま使っていたら消えたので、多少残っていても心配無用。

あと、事前に貼り付けの動画を観ておけばバッチリかと。

まとめ

自分は無事貼れたが、どうしても無理そうって人は「無料貼り付けサービス」を使うと良いと思う。グッズのプレゼント もあるみたいだし、サポートのしっかりした国内企業の製品ならではだと思う。

多少値が張る分、品質が素晴らしい。本当にオススメのiPhone 6、6Plus用の保護ガラス。
 

 

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。