iPhone 8を購入 し、ワイヤレスイヤホンが欲しいなーと思い、何か良いものはないかと物色したところちょうど10月25日にRHA MA750 Wireless が出るとのことで購入しました。
初めてのBluetoothイヤホンですが、良いですこれ。

スペック

  • 高音質コーデックaptX、AAC対応
  • ハイグレード303Fステンレススチールハウジング
  • 真のオーディオ再生とノイズアイソレーションを実現するRHA社シグネチャー・エアロフォニック(Aerophonic™)デザイン
  • ハンドメイドドライバー (モデル 560.1)
  • 12時間再生
  • IPX4相当の防滴防汗仕様
  • トラックコントロール、通話、ボイスアシスタント等対応のマイク付ユニバーサル3ボタンリモコン搭載
  • 周波数帯域 16〜22,000Hz
  • 重量 41g

再生時間が12時間なのは良いです。ハンドメイドドライバーやエアロフォニック・デザインというのもドスが効いていてなんだか凄そう(笑)。防塵防汗も昨今では欠かせない仕様。
ワイヤードのMA750i をそのままワイヤレスにした仕様ですね。
ただMA750iでは周波数帯域が16〜40,000Hzなので、さすがにそこまでのワイドレンジ感は無さそう。でも主に屋外での使用になるはずなので、そんなに耳をそばだてて聴くような使い方はしないだろうから問題は無いと思う。

対応コーデックがaptXとAACなのも良いですね。iPhoneだけでなくDAPやAndroidスマートフォンで高音質を楽しめます。

外観

RHA MA750 Wireless

外箱はこの価格帯なので高級感あり。

RHA MA750 Wireless

イヤホンとポーチ。このポーチは結構小さいので、ギチギチに入れないとはみ出ます(笑)。

RHA MA750 Wireless イヤーピース

イヤーピースは各種取り揃えられていて、幾つか試せば自分の耳に合う形状が出てくる。

RHA MA750 Wireless 磁石でくっつく

イヤホンのハウジング本体が磁石でくっつくようになっている。聴いていない時に首から下げててもすっ飛んでいかないので、これは何気に便利。

その他、充電用のUSB-Cケーブルが付いてくる。

付け心地

アルミニウムではなくステンレススチールなので、手で持った時にハウジング自体は少し重量感はある。制振効果はすごくありそう。
実際に耳に装着してみると重量感はほとんど気にならず、良好な装着感。
またネックバンドとのバランスが良く、歩いていてもズレない。

接続性について

電車内や通常の屋内くらいでは音切れはまったく起こらない。
ただ、繁華街の交差点みたいなたくさん人が行き交って電波が混在するようなところでは音切れが発生した。
この辺はワイヤレスイヤホンの宿命みたいなものかね。

操作性

iPhoneとのペアリングは一瞬で済む。
リモコンは少々使いづらい。ただ電話がきた時にブルブルしてくれるのは便利。音楽を聴いていなくてもペアリングしておけばカバンの中でバイブするので、気付き漏れ防止になる。
遮音性はあまり無いけど、イヤーチップの種類をこだわれば良くなりそう。

音質

音質は中高域の伸びは良い印象。ロックな疾走感のあるギターリフやヴォーカル、女性ヴォーカルものも伸びやかで良い。
ただ低域が少ないので、ゴリゴリなメタル、ミクスチャー系は物足りない印象。
クラシックの重厚なオーケストラとかも、全体的な響きは良いがどっしり感が無く物足りない。弦楽器の艶やかさは良い感じだけど。

ワイヤレスイヤホンでよく言われる、コーデックによる音質劣化は感じない。もともと有線で聴いていた時もAACがメインだったので、ワイヤレスになったとはいえこのイヤホンもAAC対応なのでそう変わるものではないのかも。

以下ざっと適当に片っ端から聴いてみて良かったジャンルの曲。それぞれAAC256kbpsもしくはApple Losslessのコーデック。

  • SUGIZO/音/Lux Aeterna ○
  • INORAN/BEAUTIFUL NOW/All We Are ◎
  • LUNA SEA/A WILL/Anthem of Light ◎
  • FictionJunction YUUKA/Destination/暁の車 ◎
  • Tchaikovsky: Serenade for Strings/Souvenir De Florence ○
  • Kalafina/ひかりふる/未来 ◎
  • Judas Priest/Angel Of Retribution/Judas Rising ○
  • Dr. Feelgood/Down By the Jetty/She Does It Right ◎
  • Slayer/Diabolus In Musica/Bitter Peace △

△といっても物足りないってだけなので、決して合わない感じではない。もう少し音を鳴らしてエージングしたりイヤーチップを耳に合わせたりすればより良く聴こえるかも。

まとめ

初めてのBluetoothイヤホン購入ですが、求める音質はほぼ好みのもので満足。少々高い買い物だったが、安物を買ってあとから「やっぱあれにしておけば〜」とかなるのはイヤなので、最初から良いものを買うのは精神衛生上もベスト。
そこまでアホみたいに高いものでもなくこのクォリティなので、何年も満足して使えそう。良いイヤホンと出会えました。

追記 使い慣れて気付いたこと

1週間ほど使ってきて、だいぶ馴染んできた。
まず耳が慣れてきたのかエージングが進んだのか、音質が落ち着いてきた。低音はクリアで締まりがあって物足りなさが無くなってきた。中高域は今思うと最初は多少ざらつきがあった気がする。今は非常に滑らかに聴こえる。
ゴリッゴリのメタルだろうが爽やかなポップスだろうが荘厳なクラシックだろうが、なんでもソツなく鳴らしてくれるイヤホンに育ってきた。

あと、イヤーチップをフランジ型に変えたら自分の耳にピッタリハマって、遮音性もそれなりで、かつ音量を上げなくても音楽がちゃんと聞こえるようになった。耳のそばで鳴っているというか。外界の音もちゃんと聞こえるので、周辺環境に溶け込んで音楽が鳴るイヤホンとでもいうか。

かなりお気に入りになってきました。

使っているうちにちょっと微妙だなと思ったところ

使っているうちに微妙な仕様だと思ったところ、親機のボリュームが2メモリでイヤホンが1メモリ分であること。
要するにiPhone側で最小ボリュームの1メモリにするとイヤホン側では音が出ず、2メモリにしないと音が鳴らないという仕様。
もう少し音量小さくても良いんだけどな~、という時にちょっと困る。
爆音で鳴らしたい人には気にしなくて良いかもしれないけど、一度それで耳を痛めたことがあるので、個人的にはできるだけ大音量には慣れたくないところ。
ファームウェアアップデート等で改善してくれないものだろうか?

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。