愛用のファイルブラウザ、Path Finderが4.8.2へのアップデートでMac OS X 10.5へのサポートとQuick Lookに対応しました。

こりゃ素晴らしい。前バージョンではLeopard上で何やら怪しげな挙動を見せることもありましたが、このバージョンではそんなことも無くすこぶる快調です。
さらにこんな機能も。

今まではドックに登録したフォルダなんかを開くのはFinderでしたが、これでPath Finderで開くことが可能になりました。Cover Flowにはまだ対応してませんが、あまり使ってないのでどうということはない!もはやFinderを使うのはスマートフォルダを作成するときくらいでしょうか。初回起動もTigerの時より明らかに速くなっているし、ますます手放せなくなってきました。
LeopardではFinderもかなり洗練されてきましたが、そう考えるとPath Finderの次期メジャーアップデート版が非常に楽しみです。

この記事を書いた人

へたれマカー日記

ギターとMacとNBAが好き。
最近は駅メモばかり。